富士市・富士宮市、放課後等デイサービス f-labo(エフ・ラボ)   富士 富士宮 発達障害 LD 学習障害 ADHD 注意欠陥多動 自閉症 自閉スペクトラム 支援 児童 ADD ASD 療育 学習フォロー ビジョントレーニング

記事一覧

2021/6/19 自分ごのみのお好み焼き作り!!

この日はホットプレートを使って、みんなで手作りのお好み焼き作りをしました。

ファイル 158-1.jpg

まずは材料の買出しからスタート!
自分たちの好きな材料を相談して、メモを書きとめてからショッピングモールへみんなでいきました。

たこ、いかなど、自分の好きな具を選んでそれぞれ買いました。


その後は調理。

ファイル 158-2.jpg

自分でキャベツを刻んだり、タネをまぜたりしました。
用意された物でもいいけど、自分でつくると美味しく感じるかも。

ファイル 158-3.jpg

みんなで美味しく食べれたかな?

ファイル 158-4.jpg

ファイル 158-5.jpg

2021/6/17 エフラボガーデニング グリーンカーテンが伸び始めた!

ファイル 157-1.jpg


エフラボに涼しげなグリーンカーテンが、徐々に出来上がってきました!!

ひょうたん、きゅうりの苗です。
ここから気温が上がってくると、一気に伸びてくるはず。

ひょうたんの花は白く、
雄花と雌花があるので、

雌花が咲いた瞬間にさっと受粉をさせてあげる必要があるそうです。


毎日見逃せないですね。

ファイル 157-2.jpg

日を追うごとに美味しそうになっていくミニトマト
早く食べれるようになりたいなー。

ファイル 157-3.jpg

児童がエフラボで育てて欲しいと、苗を持ってきたピーマン。
鉢植えで育てたので小ぶりですが、つやつやなピーマンができました。
今日、収穫して行ったね。


ファイル 157-4.jpg

職員さんが、児童たちが拾ってきた枝を組み合わせて作ってくれた柵。
なるほど、こんな方法があったんだね。

すごくオシャレです。生活の知恵も感じます。
拾ってきたものでも、工夫と技があればここまですることができるね。

じぶんたちでも、こんなことができるようになりたいね。

ファイル 157-5.jpg

こちらは、昨年育てていたひまわり。
こんなに発芽したよ。

いっぱい大きくなるかな。

2021/6/14 こどもたちのエフラボ公園編

ファイル 156-1.jpg


突然ですが、なんのヘンテツもなさそうなこの砂場、何か変わったことに気づきませんか?


実は、砂場の真ん中から・・・。

ファイル 156-2.jpg

ちょっと見づらいですが、何かの植物の芽が生えてきています!!

しかも、1本だけじゃない。

2、3・・・もっと生えてきました。

たぶん、これはもともとあった草ではありません。


この前、おやつにスイカが出てきましたが、その種を児童が溜めておいて、「育ててみよう!」とこぞって砂場に埋めていました。

その後しばらくして急に特徴的な双葉が生えてきました。

「やった!!これはきっとスイカの芽だ!!!」

と大喜びの児童たち。

すぽっ、と抜いて、手のひらの上で転がして眺めていました。

まあでも、それだと育たないし、手のひらの熱でしなびてしまうよ!と言い、土の上に植え替えました。


上手く育つかは分からないけど、せっかく蒔いた種だから育ててみよう。

ファイル 156-3.jpg

まさか生えるとは思わずに見ていたので、びっくり。

生き物の力ってすごいな・・・・!

2021/6/12 エフラボガーデニング初夏きゅうり収穫

初の試みとして行った、グリーンカーテン用の植物栽培。

いくつか栽培している作物がありますが、先陣をきってくれたのは
きゅうり。

ファイル 155-1.jpg

黄色い花がさいたとおもったら、あっという間にどんどん大きくなっていきます!

すでに何回かおやつには出したのですが・・・スティックやそうめんのつけあわせ、ちくわきゅうりなど、庭で採れたきゅうりをその場でおやつにつかいます。

ファイル 155-2.jpg

毎朝、どんな具合かを確認しながら水あげなどの手入れをしています。こどもたちも、育った植物をみては「こんな種を植えてみたい」と、次々と(勝手に)種を埋めては遊んでいます。

その話はまた、個別の記事で書きます。

ファイル 155-3.jpg

追いつかないくらいの速さで熟すきゅうり。
うっかり見逃すと巨大化してたりするので、またそれも勉強なのかなと思います。

自分で育てたい苗を持ってきて「庭に植えて欲しい」といった児童の苗が、まだ実が小さいうちに刈り取って食べたりして。

実がどこまで大きくなるのか、どういう世話の仕方をしたら大きくなるのかも、実際にやってみないとわからないですね。

ファイル 155-4.jpg

今はまだ、「庭で収穫してきたものを食べる」面白さがぼんやりとしか子供たちに伝わらないと思いますが、この光景を「なつかしいなー」と思ってもらえて、自分も育てたいな、と思ってもらえれば、いい体験になると思います。

ファイル 155-5.jpg

次はトマト

こうしている間にも少しずつ赤みを帯びて着ています。
育っていく様子に、毎日の時間の流れを感じています。

2021/6/11 天母山公園での遊び

ファイル 154-2.jpg

この日は早く帰ってくる児童組をつれて、

天母山公園(あんもやまこうえん)

へ。

うっそうとした山道をぬけると、
そこには階段。


ファイル 154-1.jpg


階段をみるなり一目散に駆け上がる児童。

ころばないようにね!

天母山の開けたところが公園になっているようで、

切り株が等間隔にあって、面白い景観になっています。

児童が切り株にのって枝を振り回したりして遊んでいました。


ファイル 154-3.jpg

ブランコやジャングルジムでひとしきり遊んだあと、この切り株にのって。
その様子が見ていていい画になりました。

ファイル 154-4.jpg


そして、工作に使うために、落ちている枝を捜して、色んな種類の枝を手に取りながら、具合を調べていました。

この枝は柔らかくて折りやすい、とか、この枝はナニナニって木で、ここにある枝の中では堅い木だね、とか。

木を拾うときや、それを使って何かを作る時も、

「どんな素材や種類の木でつくるか」


って、今まであまり意識してこなかったけど、
それを考えるようになると、工作のときに思いいれが変わってくるね。


木の枝ひろいを終えて帰ろうと振り返ると、
〈FONT COLOR=DARKBLUE〉 不思議な木のからまりが。


ファイル 154-5.jpg

岩をかかえるように二本の木が、岩の両脇から生えてきて、ねじれている様子。

植物ってふしぎ、植物ってつよいね!