富士市・富士宮市、放課後等デイサービス f-labo(エフ・ラボ)   富士 富士宮 発達障害 LD 学習障害 ADHD 注意欠陥多動 自閉症 自閉スペクトラム 支援 児童 ADD ASD 療育 学習フォロー ビジョントレーニング

記事一覧

2021/5/25 あにまる 商品研究

エフラボでは、夏と冬に


「あにまる」


という、職業体験を目的とした催しがあります。


「あそぶ、にぎやか、まなぶ、るんるん」


の頭文字をとって「あにまる」と名づけられたそうです。

開催当日に、


・お金を通帳から引き出したり預かる「あにまる銀行」
・お菓子やホットスナック、テイクアウトの販売をする「タベヨカ」
・ストラックアウトなどのゲームをやるエフ・ファンタジー
・手作りの雑貨を販売する「フェアリーショップ」


といったお店が立ち並び、そこで仕事をすることで、エフラボ内の通貨「ラボ」が支払われる仕組みになっています。

また、「ラボ」は、それぞれのお店のじゅんびの仕事をすることでも支払われ、それを使って買い物をすることができます。


昨日、今日と、そのあにまるに向けて新作商品案を職員で考えていました。


ファイル 148-1.jpg


ファイル 148-2.jpg


詳しくはまだ企業秘密のため、当日をお楽しみに!

(ちなみに写真は、職員SSが提案した昨年の作品です)


ファイル 148-3.jpg

おやつの絵も、ひそかに毎日描いています。

2021/5/24 富士山環境交流プラザの山道探検

今日は雨が降り出しそうな曇りの天気。ぽつりぽつりとあやしい感じでした。


そんな天気でも外で遊びたい! 


ということで、いざとなったら屋内でも遊べる
「富士山環境交流プラザ」

にお邪魔しました。


ファイル 147-1.jpg

やっぱり、井戸が珍しく、何回か水を出して遊ぶ。

今日は何か作るために枝を拾ってみようかな?ということで、

奥の藪道へ。

何かありそうな、ちょっと怪しい雰囲気のある山道。


ファイル 147-2.jpg


どこに続いているんだろう・・・?


子ども達に「あの先行ってみる?」と聞いたら「怖いけど、なんかどうなっているか知りたい」と言ってくれたので、意を決して歩を進めることに。


初夏になり、春先とは違う草の丈。茂みを掻き分けながら、恐る恐る進みます。

一瞬暗がりを抜けたら、

沢が脇を流れ、木が生い茂っている散歩道へ。


ファイル 147-3.jpg

今まで入り口しか入ったことがなかったので、こんな道が続いているとは知りませんでした。

今日は偶然入ってみたのと戻る時間もあり、
ここから先は進めませんでしたが、

次に遊びに来る時は、この先の道も冒険してみたいね!

2021/5/22 裾野市中央公園・裾野市運動公園にいったよ!

降り続いた雨も止み、


くもりのち晴れのいい天気。

5/22は、まず午前中に

裾野市中央公園に行きました!

まず入り口にたたずむ
茅葺きの屋敷。

ファイル 146-1.jpg

旧植松家住宅


植松さんという農家の方が住まれていた住宅で、重要文化財に指定されているそうです。


立派な梁(天井の柱)や囲炉裏、かまどなんかがあって、すすのにおいが「あっ、ここで生活していたんだ」という残り香を感じさせます。


子ども達はトトロの古い家に来たかのようにはしゃいでいました。貴重な家だから、気をつけて静かにみてね
まっくろくろすけいるかな?


ファイル 146-2.jpg

その後は整備された自然がきれいな公園内をスタンプラリー!


裾野のゆるキャラが描かれたプレートを探す旅へ!
木の上や物陰に、10箇所以上。

沢を下ったり、吊橋や坂道を下ったり。

ファイル 146-5.jpg


地図上で見つけた場所にシールを貼っていくのですが、これまた「いまどこ?」の状態。みんなで会議しながらシールを貼りなおしたり。これもまた楽しい時間でした。

ファイル 146-3.jpg


二手に分かれて冒険!全部見つけられるかな?
公園内には孔雀やにわとりがいる小屋もありました。


そしてなんといっても

大迫力の「五竜の滝」!!

名前がかっこいいね。 
メスとオスの滝があるそうです。


雨の後ということもあり、水量が増えていて荒々しい様子。

滝つぼふきんまでいくことが出来たけど・・・水しぶきがすごすぎてみんなおそるおそる。


5人までしか乗れない吊橋、すごくスリリングだったね!!


若山牧水さんという歌人の石碑もあったよ。

歌がつくれるくらい、印象がある滝だね。

昼食を旧植松家外のベンチで食べた後は、遊具で遊ぶために

裾野市運動公園へ!


ファイル 146-4.jpg


野球場やサッカー場があって、
試合をしていたので眺めている児童もいました。

大きなローラーすべり台を滑ったり、
びわの落ち葉で遊んだり、
芝生で走り回ったり。

自然のそばでよく運動した一日でした。

エフラボガーデニング 2021/5/21編

ファイル 145-3.jpg

雨続きの毎日。

雨に打たれたがる児童もいれば、天気にそわそわしてしまう児童もいますね。

ガーデニングを、夏に向けて整備をしています。


ファイル 145-1.jpg

手作りの遊具コーナーの雨漏りがひどくなってしまったのでビニールで応急処置。その脇にはチューリップの球根が干してありますよ。


休校中、遊びに行く場所を探していた時に

「そうだ!庭を公園にしてしまおう!」

と名づけた

「エフラボ公園」。

その看板を作ってみました。

ファイル 145-2.jpg


エフラボ公園とアートサイト。

ここ一年で力を入れているアトリエでの制作品をここに飾って、眺めてたのしめるようにと、場所を作ります。

今は、こんな感じでガーデニングが得意な職員さんがかざりつけをしてくださいました。

ファイル 145-4.jpg


そして、昨年ひそかに庭で育てていた

木綿の種。

育苗ポットに種を蒔き、「ちゃんと芽がでるかな~」と心配でしたが、今日一本の芽がでていました!

ファイル 145-5.jpg

昨年はちゃんと実ができるかわからず、すみっこで試しに育てていたので、今年こそはこどもたちに関心を持ってもらえるような育て方を出来たらと思っています!


夏にはきゅうりとトマトもなります。

季節の移り変わりや、成長に時間の過ぎ去りを感じるガーデニング。

育っていくのを記録するのも楽しみです。

雨の日のブロック遊び ルールを作ること RYU GALLERYにいった 2021/5/20

ここ数日は、雨の日

先日は、傘を差しながら散歩した先にあった、近くのアートギャラリー

「RYU GALLERY」

で、美術作家の十時孝好さんの作品展をみにいってきました。

ファイル 144-1.jpg


また、図書館に行って本を借りたり、公園の東屋にある砂場でどろどろになって遊んだりしました。


その中でも、エフラボに残っている児童は、
ジェンガの駒やカラフルなブロックのピースを使った囲碁のような遊び

"ブロックス"

で遊び始めました。


ファイル 144-2.jpg

とはいっても、
ブロックスやジェンガの

「ルール上の使い方」

をしているわけではありません。

形の違うブロックを組み合わせて家や動物の形を作ったり、プラスチックの質感を楽しんだりする子ども達。

ファイル 144-3.jpg


ルールどおりに遊ぶとき、

人と共同作業をすること
競争をして勝ったり負けたりすること

を学びます。

勝ち負けのある遊びでは、客観的に自分を見る力や、挑戦する心を養うきっかけ作りが出来ます。

それとはまた別に、

「自分で工夫や想像をして、ルールを作り上げたり変えていく」
遊び


からは、

自ら考える力・選択をする力、
発想力、
人の気持ちを想像する力を鍛えるきっかけ作り


となることがあるでしょう。

ファイル 144-4.jpg

昨日の児童のブロック遊びを眺めていてそんなことを感じながら、ルール(観念)にあてはめすぎない支援について考えていました。おとなもこどもと一緒に学んでいきます。